プラセンタとは

プラセンタ(胎盤)

プラセンタは英語で胎盤という意味です。 そして、胎盤は新たな細胞を作り出すのに欠かせないものです。哺乳類は、たった一個の卵とたった一個の精子が出会った後に受精卵となって子宮壁に着床し、そこからもの凄いスピードで細胞分裂を繰り返していきます。そして、数十兆という多数の細胞にまでなって赤ちゃんの体が形成された後に、赤ちゃんは母親の外に出てきます。

プラセンタ(胎盤)の役割

赤ちゃんが子宮の中で爆発的な細胞分裂を起こす上で、胎盤が重要な役割を担っています。具体的には、母体 から栄養や酸素などを取り出して赤ちゃんに送ることと、赤ちゃんの細胞分裂を高速かつ正確に行うために「成長因子(グロースファクター)」成分を 生成して赤ちゃんに送ることです。

プラセンタ製剤が更年期障害だけでなく、美容、健康、精神など広範囲に用いられる理由

現在までの研究では、プラセンタ(胎盤)には、単なる栄養成分だけではなく、細胞の分裂を適切にコントロールする成分が含まれていることがわかっています。これを、専門用語で 「成長因子」(グロース・ファクター)といいます。
この成分は、もともとは胎児が子宮の中で驚異的な成長を確実に行うために必要とされるものです。
つまり、プラセンタ(胎盤)は体全体の様々な部位に対して、細胞分裂が必要な古くなって弱った細胞や怪我などでダメージを受けた細胞から新しい細胞を作り出すのを助ける働きがあると考えられます。
細胞のリフレッシュとあいまって、血流、情報伝達物質、ホルモンバランスなどの改善等の総合的な効果によって、肌をきれいにしたり、体の調子を整えたり、 やる気が出てきたりと、生命活動のレベルをアップさせ、活き活きとした生活へと導くことにつながるわけです。
ページトップヘ